睡眠時無呼吸について

口蓋扁桃が肥大してのどが狭くなると、呼吸がしにくくなり、最近話題の睡眠時無呼吸症候群を引き起こす場合があります。
また、鼻づまりもいびきや無呼吸の原因となります。

当科では、「いびきがひどい」「睡眠時に呼吸が止まる」「昼間に眠い」などの症状で受診された患者さんに、睡眠時呼吸モニターを貸し出しています。
これを使ってご自宅でデータを取っていただき解析すると、睡眠時にどれだけ呼吸が止まっているかを知ることができます。それにより適切な治療法のアドバイスをいたします。

院長 羽柴 基之(耳鼻咽喉科担当)